乃木坂46 岩本蓮加 差別発言から1年

払いのける

2018年7月に雑誌の表紙に掲載されたときの談笑で、差別発言があったと言われてから1年近くが経ちます。
その時の岩本蓮加さんはとても辛い思いをしたことは、今でもファンの記憶に残っていますね。
あれから成長した岩本さんが『乃木坂工事中』の富士急ハイランドロケで絶叫しまくっていました。
ジェットコースターはかなり苦手のようで、それでも必死に挑戦している姿は愛らしく感じたのではないでしょうか?
差別発言の時の苦い思い出を払いのけるように、「キャー、キャー」と叫んだので、その後の気分はスッキリした様子でした。

プロフィール

岩本蓮加
いわもと れんか
2004年2月2日生まれ
東京都出身
2016年 乃木坂46第3期メンバーオーディションに合格
趣味:ギター
サイリウム:赤・ピンク

スポンサーリンク


富士急ハイランドの戦慄迷宮

別のアトラクションの戦慄迷宮で、岩本さんが一人で挑戦することになって、とっても困ったとのことです。
確かにあそこを一人で行くのはよほどの勇気がないと無理です。あるいは、よほどの好奇心がないとは入れないでしょうね。
そこを一人で駆け抜けるのですから、岩本蓮加さんのやる気は半端じゃないということがよくわかりました。

14歳からの成長

現在15歳になる岩本さんは思春期の真っただ中で、いろんなことに興味を持つ時期でもあります。
心と身体のバランスが取れない時期でもありますので、去年の差別発言はそのせいだったのかもしれません。
身長もまだまだ伸びているので、乃木坂46のメンバーの中でも中ぐらいの背の高さになるでしょう。
そうなると、目立ってくるので、ステージだけでなくて、いろんなシーンで活躍していくことになるでしょう。
令和になってからも岩本蓮加さんから目を離せません。

スポンサーリンク





関連記事

乃木坂46 齋藤飛鳥がシングル順で1列に

乃木坂46 齋藤飛鳥が濡れ髪を公開

乃木坂46とブログに日村と設楽

乃木坂46の卒業ラッシュが続く