STU48 「風を待つ」 MV撮影のロケ地

ロケ地は尾道

2019年2月13日にリリースされた「風を待つ」のMVは尾道で撮影されました。
待望の2枚目シングルということで、期待以上の映像となっていますね。
しかも、ロケ地が尾道なので、しっとりした街並みとSTU48の元気さが対照的です。
それが余計に目を引く作りとなっているので、すばらしい出来上がりではないでしょうか?

息を切らしながらも

階段が多いところなので、駆け上がったり、駆け下りたりと、かなりハードなシーンが満載のMVです。
メンバーも息を切らしながら撮影に挑んだ様子が、『【MV full】風を待つ / STU48 [公式]』動画の後半(メイキングビデオ)で公開されていますね。
しかも小雨が降っていたりして、かなりきつい撮影だった様子です。

ドローン映像

このMVの特長はドローンを使った撮影です。
空中から自由自在に角度を変えて撮られた映像ということもあって、STU48メンバーの一人一人の動きが見やすくなっています。
ドローンが普及したことで、映像にも今までとは違った感覚を味わえるようになりました。
その良さが十分に活用されているのが「風を待つ」MVの魅力だとも言えるでしょう。

ドローン撮影で上空からのシーンからは、ロケ地となった尾道にSTU48メンバーたちがしっかりと溶け込んでいるのがわかります。
タイトルの「風を待つ」を表現するのにドローンはその役目を果たしてくれたようですね。
ドローンのおかげでSTU48にとって新しい世界が広がった感じです。
船上劇場が完成したら、空中からの撮影がたくさん行われるでしょう。

ちなみに、船上劇場「STU48号」の公演開催予定地が先日決定しました。
神戸港(兵庫県)、宇野港(岡山県)、広島港(広島県)、下関港(山口県)、徳島小松島港(徳島県)、高松港(香川県)。
愛媛県も計画中だそうです。

スポンサーリンク


2枚目シングルだからこそ

「2枚目だからこそもっといいのもにしたい!」
「ずっと残り続ける映像になってほしい!」
メンバー各々の強い願いがこのMVに込められています。1枚目シングル「暗闇」のときから更に成長したのが映像を通じて伝わってきますね。

レッスンをしている映像の中には、ひとりで泣いているシーンもあります。それだけ強い想いで臨もうとしていたのがわかります。
スタッフからのレベルの高い要求に応えようと、必死でもがいているからこその涙だと思います。

ダンスはコンテンポラリー

MVで披露されているダンスはコンテンポラリーなものとなっていますね。
尾道の雰囲気とは違った印象を与えてくれるダンスではないでしょうか?
ところが、映像をみるとそのキレのいいダンスが尾道の雰囲気にピッタリと合っています。

ということで、STU48の2枚目シングルリリースによる尾道ロケは大成功だったと言えるでしょう。
そして、次は船上劇場のお披露目が待っています。
今年はさらにスケールアップしたSTU48をみられそうですね。


【MV full】風を待つ / STU48 [公式]



関連記事

STU48のメンバー一覧

STU48のメンバーで岡山の人は?

STU48の船通信が気になる

『暗闇』の歌詞と船上劇場

STU48の「暗闇」の ロケ地

STU48 「風を待つ」 MV撮影のロケ地