米津玄師のlemonにあるウェッ!? ウェイ!?とは

Lemon ウェッ!ウェイ!って?

米津玄師(よねづけんし)さんの曲にLemonがありますが、この曲のなかで、「ウェッとかウェイとか、聴こえるあれはなんだろう?」と思っている人はたくさんいます。

確かにあれは歌詞なのか?それともタダの声なのか?

聴き方によっては、楽器のような音に思えたりします。実際には人の声だそうですよ。

それにしても不思議な音ですよね。わざわざ意識してあのような音を出そうとしたのでしょうか?あるいは、自然とそうなったのでしょうか?

どっちにしても印象に残ることは間違いありませんね。

そこはやっぱり米津玄師らしい演出なのでしょう。

米津玄師 ウェッ ウェイ 不可欠

米津さん曰く、この不可思議な音はLemonにとって不可欠な音だったようです。曲を聴く人に強い印象を与えることが目的なのか?そうでなくて、記憶に残りそうな音なので、その点はしっかりと計算して作られたのでしょうね。

もしも、この音がなかったら曲自体が出来上がっていなかった可能性もあり、だそうですから、

必要不可欠な音ということになるのではないでしょうか?

それだけ、このウェッ!ウェイ!っていうのはLemonの全てを物語っている音ということになりますね。

そういう点からしても米津さんってスゴイ才能の持ち主なんですね。

スポンサーリンク


Lemon 落ち着く

米津さんのLemonを聴くと、何故か自然と落ち着く気分になります。やはり、ウェッ ウェイが影響しているのかもしれませんね。

人間の感覚って本当に不思議です。意味のなさそうな音を聴いて落ち着くというわけですから、音が脳に与える影響ってどうなっているのでしょうか?脳科学者ならきっとその謎を紐解いてくれるに違いありません。

確かに、聴いたこともないような音で気持ちが落ち着いたりするのですから・・・。

鳥のさえずりとか波の音とか、自然の音で落ち着くことはありますが、人工的に作られたそれも意味不明な音で落ち着けるというのは、人間の理解を超えた何かが影響しているに違いありません。

ところで、ウェッ!ウェイ!が人の気持ちを穏やかさせるということは、反対に別の音だったら興奮させるということもあり得ます。きっと、そうやっていろんなBGMなどが作られているのではないでしょうか?きっと、人間の心理に影響する音は世の中にはたくさんあるのでしょうね。

米津玄師さんのプロフィール

名前 米津玄師生年月日 1991年3月10日出身地 徳島県身長 188センチ身長が188センチと、意外にも大きい方なのには驚きました。あのすばらしい歌声は身長の高さからくるものなのでしょうか??

2019年は2018年以上にもっともっと活躍していってほしいものです。

米津玄師 MV「Lemon」



関連記事

米津玄師のライブ、一般発売、2019 分のトレードシステム

米津玄師のフラミンゴの歌詞付きなら

フラミンゴの意味するものとは!?

米津玄師のフラミンゴ、初回限定盤について

米津玄師、フラミンゴのライブ